修行は誰がために

仏教は、わたしたちの心または意識が、始まりとてない無限の過去から 一度たりととぎれることなく連綿と流れつづけてきた、という真実から出発する。この心の流れのことを「心の連続体 (セム・ギ・ギュウ)」と呼ぶことにしよう 。さてこの心の連続体は輪廻する世界にあらわれて、次から次へと再生をくりかえしてきた。出口のない鎖の輪のような輪廻には始まりというものがない。あなたをはじめ、すべての生きものたちがこの輪の中で、一つの生の形から別の生の形 へと再生をくりかえし、さまよいつづけてきたのである。だとしたら、あなたはこの世界にありとある生きものの中に、かつてあなたの父や母でなかったものなど 一つもないという事実に気づかなければいけない。あなたがかつて虫であった時、犬や猫であった時、あるいは餓鬼や地獄の住人であった時、あなたの父や母となった生きものたちは、生まれたばかりで無力なあなたをありったけの愛情でつつみ、いつくしんでくれたものである。あな たの父や母とな った生きものたちもまた、この輪廻の中で再生をくりかえしてきた。だから今あなたのまわりにいるすべての生きものが、かつてあなたを優しい愛情でつつんでくれた父母であったなつかしいものたちなのだ。

ところで、かつて父や母であったこれら生きものたちが本当に望んでいるものはなんだろう。もちろん快適な生を送ること、つまり幸福である。どうやったらそれを手に入れることができるか を、彼らがはじめから知っていたら、彼らはすぐさま幸福を手に入れていたことだろう。生きもの たちは幸福を望みながらも、どうやればそれが手に入るか知らずにいるので、幸福を求めて結局は 苦しみを手にしてしまうのだ。何が本当の幸福をもたらすか。十の善なる行為を行なうことによっ てもたらされる、と仏教は説いている。

十の善なる行為とは、殺すことなく生命をいつくしむ、盗むことなく施しを行なう、邪浬をおか すことなく異性と清浄な関係を保つ、嘘をつかず真実を語る、粗暴な言葉でののしらず優しさのこもった言葉でしゃべる、争いごとをやめ和やかに人と交わる、戯れ言にうつつをぬかさず本当に大 事なことを語る、貪らず、ねたみをもたない、唄る心をなくし他の者を助けようという心をもつ、まちがった見解を捨て正しく物事の本質を見ぬく、この十をいう。
生きものたちは幸福を望みなが らこの十の善の行為をなさず、それらすべてと正反対の十悪の行為を行なっているので、結局苦し みがもたらされてしまうのである。望みと行ないが逆立ちしているのだ。あなたはまず、この逆立 ちした生を送る生きものたちすべてを、深い慈悲の心で見つめなさい。
そのうえで、こんなふうに考えなさい。「わたしは今、真理に耳をかたむけその実践の道に入ろう としている。しかし、それはわたし自身のためにだけ行なうのではない。その修行で得たものを、 かつてわたしの父母であ った輪廻に迷うものたちの方に回して、彼らが苦しみや障害から解き放た れる助けになるように、わたしは修行の道に入るのだ」と。こういう利他心をいつも胸にいだき、育んでいくのである。利他心を背景としない大乗仏教の修行者などありえない。

だから、どんな修行でもそれをはじめる前に、この修行は苦しみの海に沈んだすべての生きもののためにあるのだという、はっきりした意識をもつ必要がある。その次に、どんな修行にはげむにせよ、たえず日常の意識をつきやぶる努力をしなければいけない。つまり、自分は今これこれのこ とをしているのだとか、誰それのためにしているのだとかいった考えをうちやぶらなくてはならないのだ。 そもそも、自分は修行者だなどという思いさえ浮かばないようにすることが大切である。修行している自分も、修行の目的も、修行そのものも、実はなんの実体もないものなのだから。実体のな いところに実体があるように思いこめば、善なる行為そのものが汚されてしまう。実体の幻影にあ ざむかれてはいけない。そうして三つめには、どんな修行をなしおえたにせよ、その徳を生きもの すべてにささげることで、修行という行為そのものに封印をして、嫉妬などによる破壊から守 って やる必要がある。善なる行為をすべて利他にささげることで、それは広大な心の連続体にしっかり
と結びつけられ、二度と破壊できないものとなるだろう

中沢新一、ラマ・ケツン・サンポ 『虹の階梯』