法身・報身・応身

すべてのあらわれの滅した世界に法身の思念を知り
光輝く空間に報身の浄土を見て
教化する変化身をもって迷えるものを救う
遍智の王者ロンチェン・ラブジャムに礼拝する

ロンチェンパは法身クン ツ・サンポの思念を、言葉によらず象徴によらず、直接無媒介に知りつくしていた。そこはすべてのあらわれの滅した世界であるという。これはどういうことか。わたしたちはちょうど燈油が自分 自身を燃やして火を発するように、心にたえずわきあがってくる感情や思考を自分で消費しながら生きている。感情や思考はゆらめいてはたちのばり、わきあが っては消えていく。こうしたさまざ まな心のあらわれがすべて滅したところに、心の本然の姿がたちあらわれてくる。この心の本然のありようこそ法身にほかならないのである。

法身は微動だにせず、しかも生き生きとしている。それは光の輝きとなって、報身の浄土に輝きでる。

アティヨーガは、きわめてヴィヴィッドにこの光の体験をあたえてくれるが、ロンチェンパ はそこにたゆたっていたというのである。まだ体験のないあなたに、この光の輝きを説明するのは 難しい。夢を例にとって説明してみよう。眠っているあなたが見る夢は、さまざまな欲望や感情に ふくらんだいろいろなかたちやあらわれにみちている。しかし夢の本質は純粋な光の輝きなのであ るっ「夢のヨーガ」という瞑想法を修行すると、普通の夢にあらわれるさまざまなあらわれをしだ いに滅していって、ついには夢が光の輝きに溶けこんでいくのを体験できるようになるだろう。「夢 のヨーガ」の修行者たちは、夢を見る時間をしだいに長くしていく訓練をしていって、眠りにおち る前からすでに夢を見ることができるようになり、瞑想の力でその夢からあらわれを滅し去 って、ついにはそこがまばゆい光の輝きにみたされるまで修行をつづけるのだ。あざやかな光の体験をあたえるゾグチェン=アティヨーガは、しばしば 「光輝く(オーセル)ゾクチェン」と呼ば れている。

仏陀の心はまた変化身として、わたしたちの世界にあらわれでる。さまざまな姿、さまざまな方 法をつうじて、輪廻に迷うものを救うためである。仏陀の心は、ロンチェンパという比類のない教師の姿をとってあらわれでたのである

中沢新一、ラマ・ケツン・サンポ 『虹の階梯』


法身は法界そのものの体現。
報身は修行の境地を表す浄土を伴った如来。
応身は人格を持って教化する如来や菩薩。