如来唄 (にょらいばい)

處世界如虚空
しょせかいじょきょうこう

如蓮華不著水
じょれんがふちゃくすい

心清浄超於彼
しんせいせいてうよひ

稽首禮無上尊
けいしゅれいぶしょうそん

 

世界に処すること虚空の如く。
蓮華の水に著せざるが如し。
心清浄にして彼の境地を超ゆる。
稽首して無上尊を礼したてまつる。